MENU

塗るフィンペシアについて

 

フィンペシアは、薄毛治療によく使われていますが、やはり副作用があります。
副作用には、色々ありますが、その一つにEDがあります。

 

精力と性欲の減退は、実際にフィンペシアを服用した人が体験したとの報告あります。
EDは勃起不全のことですが、フィンペシアの主成分がフィナステリドのためにおこります。
フィナステリドは、男性ホルモンを抑制する働きがあり、性欲が減退します。

 

ただ、実際は、テストステロンという男性ホルモンが減ることが原因といわれています。
このホルモンが減ると男性機能が低下しますが、フィナステリドがテストステロンの働き影響を与えることはないといわれています。
逆に、テストステロンの量は、DHTという男性型脱毛症の要因となる男性ホルモンの生成を抑えることで増えます。

 

これを踏まえると、テストステロンがDHTに変換して、男性型脱毛症を引き起こすとテストステロンが減ります。
また、DHTにはフィナステリドが効果があり、発生を抑制することで テストステロンが減りません。
実は、このバランスは大変微妙で、個人差があり、育毛効果が出る人と副作用が出てしまう人と別れます。

 

主な成分であるフィナステリドの副作用で、EDになる確率は5%と言われています。
かなり低いため、副作用が出る人は全体的に見ると少ないと考えられますが、全く出ないわけでもありません。
医薬品には、必ず副作用というリスクがありますから、やはり使用するときにはそのリスクを踏まえたうえで使用することが大切です。