MENU

フィンペシアとアルコール

 

 

フィンペシアというのは薄毛を治療するうえで効果的だとされています。
そして、フィンペシアを使用して薄毛を改善するのであれば、できるだけ生活習慣なども改善していくべきです。

 

では、薄毛においてアルコールというのは飲んで良いのでしょうか。
アルコールを摂取することで血液の循環がよくなりますので、髪の毛の成長において効果的なのではないかと思われるものです。

 

しかし、アルコールも過剰摂取が増えると、AGAを発症しやすくなるといわれています。
髪の毛を作るためには、様々な栄養素が必要になります。
さらに、中でも髪の毛の成分となるアミノ酸というのは非常に重要なものです。

 

アミノ酸の中でも、特に重要なのがシスチンやメチオニンといった成分です。
そしてこのシスチンやメチオニンは肝臓でアルコール分を分解する、という働きを持っているんですよ。

 

アルコールを過剰摂取すると、髪の毛の成長に必要なアミノ酸をアルコールの分解に使用してしまうので髪の毛の成長に必要な栄養素が不足してしまうのです。
つまり、少しでも効率よく髪の毛に栄養素を届けるために、アルコールはほどほどにしておくようにしましょう。

 

普段の生活の中でちょっとだけアルコールを控えるだけで良いので、是非参考にしてみてください。