MENU

フィンペシアが効かなくなる場合

細菌やウイルスが耐性をつけるように、人間の身体も外的の力に対して耐性を持つようになります。それは医薬品も例外ではなく、突如として効果がなくなることもあります。AGA治療を続けている男性でフィンペシアを愛用している人もそのような耐性に直面することがあります。フィンペシアに含まれているフィナステリドの効果も研究段階であり、実際に耐性ができるのかはまだ解明されていませんが、そのようなケースも考えられると言われています。

 

耐性に耐えるためには頻度を変えるのもひとつのヒントになっています。1日1回服用するのが正しい方法ですが、2日に1回に減らすことで耐性が付きにくくなると言われています。しかしこのような使い方をすると、効果がなくなってしまうのではないかという問題も生じるでしょう。フィンペシアの体内血中濃度は1日ほどで消滅すると言われており、このようなことから1日くらい服用しない時期があってもそれほど問題がないとされています。

 

フィンペシアを含めてAGA治療自体が一生続けなければならない医薬品です。そのためにも耐性の考え方を持っておくことはとても大切なことです。気になる方は飲み方に工夫してみると良いでしょう。