MENU

フィンペシアの危険性

AGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品として知られているフィンペシアには、耐性があると言われていますが、その原理はよくわかっていないのが現状です。耐性が出ると言われているのは、フィンペシアを服用し続けている人が今まで効果があったのに、それを実感できなかくなったことから言われるようになりました。体質の問題でそうなるのか、それともフィンペシアそのものに耐性ができてしまうのかは、まだ明らかにされていません。

 

医薬品に効果を感じられなくなるのは、AGA治療に置いて致命的になります。そもそもこの医薬品というのは、脱毛原因となる男性ホルモンが作られなくなるようにするための医薬品であり、それができなくなるというのは、原因を排除できなくなることになります。それでも他の治療法がありますので、まだ他には手段があることになりますが、保険診療ができないことになり、内服薬だけでも高かった医療費がまだ高くなることが考えられます。

 

プロペシアのジェネリック医薬品だから、医薬品の効果がなくなるというわけではありません。こればかりは個人差がありますので、服用し続けてその後の状態を良く観察するしか、いまのところ手立てはありません。