MENU

頭頂部へのフィンペシアの効果

男性型脱毛症に悩む人は、世界中にたくさんいますが、日本でも男性型脱毛症に悩む人が増えています。
男性型脱毛症は、主に頭頂部や生え際が薄くなる脱毛症状で、男性ホルモンが毛髪の成長を邪魔するのが原因だと考えられています。
男性型脱毛症の改善が期待できる治療薬として有名なのが、フィンペシアです。
フィンペシアは、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンを抑制し、抜け毛を防ぎます。
フィンペシアは、前立腺肥大症の治療薬として誕生しましたが、その後、治療薬を使っていた患者に毛が生えたことから、男性型脱毛症にも使われるようになり、現在に至ります。
フィンペシアは、半年から1年くらいで、徐々に効果が現れる人が多いです。
半年以上服用しても、まったく効果がない場合は、医師に相談した方がいいです。
フィンペシアは、ジェネリック医薬品なので、長く継続して使う人にとっては、経済的な負担が少なくて済みます。
また、副作用もほとんどありません。
1日1錠を毎日服用します。
肝機能障害がある人は、服用に慎重になった方がよく、女性は服用することができません。
特に、妊婦がそばにいる場合は、妊婦が治療薬に触れないように気をつける必要があります。