MENU

フィンペシアとAGAの原因

 

 

フィンペシアというのはAGA治療において効果的だとされているのですが、そもそもAGAというのはどのようなものが原因となって発症するのでしょうか。
まず、AGAは遺伝的要素が関係しているともいわれています。

 

AGAになりやすい家系であったり、遺伝的な要素が強い方であっても症状がなかなか出ない人もいます。
そして遺伝的な要素が弱いにも関わらず、若い内からAGAを発症してしまう人もいるのです。

 

主な原因の1つとして、男性ホルモンと5α-還元酵素によって強力な男性ホルモンが作られてしまい、それが髪の毛を抜けさせてしまうのです。
髪の毛自体が短くなって、さらに細くなれば髪の毛のボリュームは減少してしまいます。

 

また、生活習慣も関係しています。
AGAは生活習慣の乱れによる高血圧、肥満といったものが原因となることもあるといわれているのです。

 

このような条件がいくつか重なることによって、次第にAGAの症状は進行していくようになるのです。
AGAの症状が進行して、すでに頭皮が見えているような状態になれば薄毛の症状を緩和することも難しくなりますので、できるだけ早くAGAの治療を開始するようにしなければなりません。
是非覚えておいてください。

 

フィンペシアと胸毛

 

 

胸毛があると、薄毛になってしまうのではないかと思われている方も多いようです。
実際のところ、この胸毛があると薄毛になるというのは本当のことなのでしょうか。

 

まず、胸毛の濃さというのは薄毛には関係ありません。
胸毛が濃い人であっても薄毛にならない方もいますし、胸毛が濃い人というのは男性ホルモンの量が多いと思われるので薄毛になりやすいと思われがちなのですが、しかし、胸毛が濃くても男性ホルモンの量がそこまで多くはないこともあるわけです。

 

毛の濃さというのは遺伝も非常に大きく関わっているので、ホルモン量が絶対に関係しているわけではないのです。
もちろん、男性は女性と比べて男性ホルモンの量が多いのは事実ですが、男性ホルモンの量や濃さと胸毛の量が比例しているというわけではないのです

 

男性ホルモンが少なくても毛が濃い人はいますし、男性ホルモンが多くても毛が少ない人もいるのです。
つまり、胸毛の濃さだけで将来ハゲるのかどうかを判定することはできないのです。

 

そもそも男性ホルモンの量が多いから薄毛を発症している、というものではないんです。
ただし、男性ホルモンが原因となっていることには違いありませんので、フィンペシアの使用を考えてみるのも良いでしょう。

 

AGAに効果のある成分とフィンペシア

 

 

AGAという言葉を耳にしたことのある方も多いと思います。
このAGAというのは男性型脱毛症と呼ばれているのですが、このAGAに対してはノコギリヤシが効果的だといわれています。

 

ノコギリヤシが配合されているものを使用することによってAGAとの進行を防ぐことができるのです。
一般的にサプリメントにおいてこのノコギリヤシが使用されるのですが、継続して服用することで、年齡を重ねても若かったころのようにたくましく健康的な髪の毛を作ることができます。

 

ノコギリヤシというのは5αリラクターゼという酵素の働きをブロックする効果があるといわれています。
この酵素と男性ホルモンとが結合することでAGAの原因となっているジヒドロテストステロンを生み出してしまうのです。

 

ノコギリヤシによって、この酵素の働きをブロックすることができれば効率よくAGAを改善できるようになるといわれています。
同時にフィンペシアのようなものを使用することで、さらに効率よくAGAを改善できると考えられているのです。

 

ノコギリヤシはやはりサプリメントから摂取するのが効率が良いです。
できるだけ普段からこのノコギリヤシを継続して飲み続けるようにしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴