MENU

フィンペシ


ジェネリック薬フィンペシアとは

フィンペシアをご存知でしょうか。実はこれ、AGA(男性型脱毛症)治療薬として知られるプロペシアのジェネリック医薬品なのです。全く同じ成分とは言えませんが、ほとんど同じ効果の薬をリーズナブルに購入できることから、口コミでも話題となっているものです。

 

フィンペシアが評判であるその理由は値段にあります。プロペシアを普通に買うと1ヶ月薬代だけでも約8千円ほどかかります。それに加えて他の薬や診察代、検査費用などとかかるわけですから、さらに治療費がかかります。それがフィンペシアであればプロペシアの約10分の1の値段で購入できるのです。これなら市販の育毛剤や育毛サプリよりも安いので、始めやすいですし続けやすいのです。

 

ただ、フィンペシアには発がん性があるのではないかと言われた時代がありました。これはコーティング剤に含まれるキノリンイエローという物質に発がん性が疑われたからです。今現在流通している正規品のフィンペシアにはこの成分は含まれていませんので、発がん性を気にすることはなくなり、安心して飲めるようになっています。

 

プロペシアはその効果を維持するには服用の継続は必須です。効果は持続したいけれど経済的な面で断念したくないことを理由に、こういったジェネリックを利用する方も増えてきているようです。

フィンペシアとAGAの原因

フィンペシアというのはAGA治療において効果的だとされているのですが、そもそもAGAというのはどのようなものが原因となって発症するのでしょうか。まず、AGAは遺伝的要素が関係しているともいわれています。

 

AGAになりやすい家系であったり、遺伝的な要素が強い方であっても症状がなかなか出ない人もいます。そして遺伝的な要素が弱いにも関わらず、若い内からAGAを発症してしまう人もいるのです。

 

主な原因の1つとして、男性ホルモンと5α-還元酵素によって強力な男性ホルモンが作られてしまい、それが髪の毛を抜けさせてしまうのです。髪の毛自体が短くなって、さらに細くなれば髪の毛のボリュームは減少してしまいます。

 

また、生活習慣も関係しています。AGAは生活習慣の乱れによる高血圧、肥満といったものが原因となることもあるといわれているのです。

 

このような条件がいくつか重なることによって、次第にAGAの症状は進行していくようになるのです。AGAの症状が進行して、すでに頭皮が見えているような状態になれば薄毛の症状を緩和することも難しくなりますので、できるだけ早くAGAの治療を開始するようにしなければなりません。是非覚えておいてください。

フィンペシ01

フィンペシアの詳細はこちら

フィンペシアでAGA治療するには

AGA治療をするには、フィナステリドとミノキシジルが含有されている医薬品を用いるのが主流です。この成分は医学会のなかでも、薄毛対策として効果を認められている日本で唯一無二の存在です。AGA治療をする人は、絶対に欠かせない成分になっており、まずはこの2つからスタートすることが推奨されています。

 

フィナステリド錠を含む医薬品として良く知られているのはプロペシアです。そのジェネリック医薬品がフィンペシアになります。クリニックで処方される医薬品がプロペシアになり、フィンペシアは海外の医薬品であり、個人輸入代行業者から仕入れなければ入手することができない医薬品です。同じ成分であり、そして同等の効果を期待することができます。初めて服用する場合は、まずクリニックでプロペシアを試してみてから、体に異変がなければ安いフィンペシアに変えるという選択をおすすめします。

 

またローションも欠かせません。主にAGA治療で用いられるローションタイプの医薬品は、ミノキシジルが配合されている製品になります。1日2回気になる頭皮の部分に塗布する治療方法です。先程も申したように、フィンペシアとミノキシジル配合医薬品を服用することが、薄毛を改善する効果的な治療法と言われています。

フィンペシア購入のポイント

もみあげの薄毛対策にも効果があるといわれる、フィンペシアは日本では発売されていない育毛剤です。
国内で販売されていないからといっても、危険というわけではなく、含まれている成分に、キノリンイエローというコーティング剤が入っていて、これが日本では使用禁止に指定されているために、今は販売されていません。

 

現在正規品のフィンペシアは、キノリンイエローフリーの新タイプとなっているのですが購入する場合、個人輸入で海外から取り寄せる方法しかありません。最近は、インターネットで個人輸入代行サイトが多くあり、普通に通販を利用するように、注文をすれば簡単に自宅まで届けてくれます。病院で処方することもなく、ドラッグストアなどでも購入出来ない品でも手軽に購入が可能です。

 

ただ、注意が必要なのが、中には粗悪品や偽物があり、それを間違って服用した場合、薄毛治療どころか健康を害する危険もあります。個人輸入はあくまで自己責任になるので、万一副作用が起きても訴えることも出来ませんし、治療も自己負担になります。

 

フィンペシアの個人輸入は、基本的に自己責任の範囲で行います。そこで、重要なのが信頼できる個人輸入サイトを利用することです。粗悪品などのリスクを避けるたには、くれぐれも注意して入手することが大切です。実績もあり、成分鑑定書などもサイト上にきちんと紹介され、口コミなどでも好評なサイトを選ぶ事が、リスクを回避するポイントとなります。

フィンペシ02